2022年 けやき号

▲アンコール『ひとつ』お客様と共に


▲PureVoicesと八木秀樹(Bass)

 6月に入り、あじさいの美しい季節となりました。皆様、お元気でいらっしゃいますか。

 去る、5月29日、代々木上原のけやきホールにて、コーラスハルミオン創立22周年記念成果発表会を行わせていただきました。昨年の5月のけやきホールでは、お客様をお入れすることなく、団員が客席に散らばって二重マスクを着けての練習会でしたが、今年は許されるのなら、たった4回の練習回数でも、お客様をお入れして成果発表という形で開催させていただきたいと思ったのでした。

 その理由の一つには、コロナ禍、温かな応援の心を送り続けてくださった『高橋晴美の音楽ネットワーク』会員の皆様に少しでも感謝の気持ちをお届けしたいという思い、もう一つは、今の世界情勢を見ていて、音楽を通して愛をお届けさせていただきたいと切に思ったことでした。

 勿論、5月の連休明けにコロナが蔓延するのではないかという不安もございましたが、兎にも角にも、今出来る事に精一杯の誠を尽くして、29日を迎えたいという思いでした。

 このような状況下ですので、積極的なお声掛けは控えさせていただきましたが、少しでも聴きたいと思って下さる方がいらっしゃるのなら、「愛と希望」をお届けさせていただきたいという思いでした。

 そのような思いでいた5月の始め、突然LINEが入ってきたのです。そこには「真栄城早由、比嘉 保」というお名前が書かれてありました。一瞬目を疑いました!昨年沖縄に行った時に骨髄腫を発症されてお会い出来なかった比嘉さんが、沖縄から遠路遥々聴きにいらして下さる!身体中に、熱いものが込み上げて来て、それからというもの私は本当に再会することが叶いますように…と祈るような思いでした。

 当日、『夢咲き島』を演奏する前に、今年が沖縄本土復帰50年の年と月であることをお話しし、沖縄への熱い想いをお話しながら、沖縄からいらして下さった3名の方のご紹介をさせていただきました。

▲真栄城早由さんと比嘉保さん

「今日は、沖縄から真栄城早由さんと、比嘉保さんと有川玲子さんがいらして下さいました。お立ちいただけますか?」ステージの上と客席でのこの日初めての再会の瞬間!うわ~!本当にいらして下さった!という感動と、懐かしさと、熱い想いが込み上げてきてその後の言葉に詰まってしまいました。

 2007年から続く沖縄との長い歴史と絆…。成果発表を開催していなければこの再会はありません。ミラクルな仕組みに唯々感謝の思いでいっぱいでした。

▲小野瀬照夫先生と

 沖縄の『平和の礎』の前に立ち、空と海に向かって「コーラスハルミオン」と「アンサンブル晴れ」と一緒に歌った『ひとつ』を思い出しながら、『ひとつ』を歌い、最後は世界中の人々に愛が届くように強い願いを込めて『Cantare~歌よ大地に響け』を歌わせていただきました。

 アンコールは、皆様と共に『ひとつ』を祈りを込めて大合唱!そして、小野瀬先生のご提案に拍手が起こって、もう一度会場の皆様と共に『Cantare~歌よ大地に響け』を歌って感謝のうちに閉会しました。スタンディングのお客様の温かな拍手と笑顔…。ライブはまさに、人と人との愛のキャッチボールです。

 コロナ禍で、長い間待ちこがれていたからこそ身に染みて解る、人と人との交流の素晴らしさ…ありがたさ…。小規模でも忘れられない、濃厚な22周年記念成果発表会でした。

 受付には、有川玲子さん渾身の手作りバルーンが、足を運んで下さったお客様をニコニコと出迎えてくれました。

 何と、コーラスハルミオン22周年記念に合わせて、22個のバルーンとCongratulationsと音符のバルーンを、沖縄からの機内で内職作業をし、会場で仕上げてくださったとの事でした! 玲子さんの真心のサプライズでした!

▲有川玲子さんとバルーンの前で

 みんなの愛と真心で成し遂げることが出来た成果発表会!

 あらためて、いらして下さったお客様、音響の堀内さんはじめ準備してくださったスタッフの方々、一生懸命に練習をして、愛を届けようと歌って下さった団員、短期間で濃い指導をしてくださった小野瀬先生、望月先生、そしてPure Voicesとコーラスハルミオンをベースとパーカッションで盛り上げてくださった八木秀樹さんに、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

引き続き、愛と希望をお届けさせていただけるよう、日々精進してまいります!

梅雨入りましたので、体調を崩されませんように、どうぞお健やかにお過ごしくださいませ。

2022年6月吉日
高橋晴美
22周年記念成果発表会を終えて団員からの所感のご紹介
♪ハルミオン アルト 高橋 有里子

 晴美先生、この度はハルミオンの成果発表会を開催していただき、本当にありがとうございました。
新型インフルエンザの流行で「ハルミオン20周年コンサート」が開催出来なくなり、毎月の練習も政府の制限等により行えなくなり、これからどうなるのかと一時は今後のハルミオンの活動に大変な不安を覚えました。徐々にwithコロナの生活習慣へ変わっていく中で、こんなにも早くハルミオンがお客様の前で歌わせていただける日が来るとは夢にも思っていませんでした。
この度の発表会は、晴美先生の「ファンの方たちへのご愛情」また「Pure Voicesそしてハルミオンへの大きな大きなご愛情」のカタチなのだと本当にありがたく感謝感謝です。

 この日は、歌える幸せ、また歌のチカラのすごさを再認識する機会となりました。
発表会前は一年間で12月、1月、4月の3度の月練習と当日のたった4回の練習にもかかわらず、感動の波動は歌うハルミオンのメンバーはもちろんのこと、聴きに来ていただいたお客様方の心にもズキュンズキュンと伝わり、みんなの心に、晴美先生の「愛と希望の世界」が広がっていったことを実感しました。

 何よりも晴美先生のピアノで歌わせていただける幸せを感じながら、気分はとてもとてもうれしくて楽しくて、涙で歌えなくなるのではとの心配は全く必要のない取り越し苦労でした。
この選曲の一曲一曲が、今この時に必要なエールだったり、感謝だったりと、とても意味深く感じ、そのようなことを感じさせていただける機会を作ってくださった晴美先生に感謝でいっぱいです。
今回は、晴美先生のお計らいで、会員ではないけれど、会社の後輩も発表会を聴かせていただけました。ありがとうございました。
奏楽堂のコンサート以来、毎年毎年コンサートを待ち望んでいた彼女にとっては、とてもとても幸せな時間だったと確信しています。

 彼女からは、ハルミオンの歌声は「心に響くメロディと、柔らかく晴美先生の愛を体現している歌声」「特に最後の2曲は、みなさんが晴美先生のお気持ちを受け止めた上で、ご自身の感情ものせて歌っているように感じ、感動しました」と、ありがたい感想をいただきました。
音楽を習ったことのない私は、皆様についていくのがやっとのところですが、このような感想をいただける皆様と共に歌える幸せをさらに実感しました。

 来月以降も、練習休止になることなく、コンサートも開催できるようになればと切に願います!!
そのために、もっともっと練習に励みます!今後ともどうぞよろしくお願いします。
ありがとうございました。


♪アルト Pure Voices 鴨下 恵

晴美先生 昨日は一日本当にありがとうございました!
そして、ステキな成果発表会の場をお与えいただきありがとうございました!

まだまだコロナ禍ではありますが、こうして晴美先生をはじめ、八木さん、ピュアボイシスのメンバー、ハルミオンの皆さんと共に歌うことができて本当に幸せな一日でした。

発表会には、今この時に是非!晴美先生の音楽を通して愛を届けたい!!と、強い想いを持って友人をお誘いさせていただきました!
歌っている時も、いざ本番となると初めは緊張しましたが、それぞれの曲、対象となる方のことを想い歌うことができたように思えました!

「母に贈るうた」「父の言葉」を聴いた友人からは、「母と父を大事にしてこなかった自分、大切に育ててもらったのに‥と大号泣しました。愛をたくさんいただきました!」との声が。
マリンコーラスで頑張っている友人からは、「悩み苦しんでいる時『ひとつ』で救われました。今までも晴美先生の歌に支えられて学ばせてもらってきたように、これからも自分の芯の中に晴美先生の歌が存在し続けると思います。私も一緒に歌えて嬉しかったです!」他にも「晴美先生の言霊の一言一言が感激でファンになりました!!」との声が。
そして、皆さんから「晴美先生の歌で癒されました!」と、沢山の喜びのメールをいただきました。

それぞれの方々が、それぞれの思いで聴いてくださり、一人一人からいただいた喜びの声を聞いた私もとっても嬉しく、また、みなさんから幸せを頂きました!
こうして、晴美先生の歌で愛の輪が一人一人に繋がってゆくのだな〜と実感しました!
これからも、もっともっと 沢山の方に「愛」をお届けさせていただきたいです!
そして、沖縄より飛んで来て下さいました、有川さん、比嘉さん、真栄城さんには心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


ソプラノ 並木 路子 (Pure Voices並木果南の母)

先日は成果発表をお許し頂きましてまことにありがとうございました。
どの曲も愛を歌っていて、己の在り方や生き方を問うているのにも関わらず、決して重苦しくなく、静かに沁み込むように問いかけて来る。
拳を振り上げて叫ぶのではなく、慈愛に満ちた瞳で、柔らかな言霊と優しい音霊で、心の奥底、魂にまでも訴えて来る。
真の平和の実現はここにある、と思わせて頂きました。

ちっちゃなちっちゃな自分で、ちっぽけな都合で機嫌を損ねたり、他人様にイヤな思いをさせてしまったり。
それでもいつも自分自身の反省会で呼び起こすのは「♪あなたのために野の花ひとつ♪」のフレーズです。
「そうだった、そうだった」とリセットして、気持ちを耕しています。

晴美先生の曲に出逢わせて頂けた事は何よりの宝物です。
それは娘にとっても同じ事、いえ、百倍、万倍です。
不器用な娘が、晴美先生の歌のおかげでどれほど救われた事か!!!
娘に晴れやかな発表の舞台をお与え頂き、たくさんのチャンスとたくさんのチャレンジの場をお与え頂き、感謝しても感謝しても、しきれません。

まだまだ努力不足で、伸びしろたっぷりの娘ですが、共に上を向いて、励んで参ります。
まことにまことにありがとうございました。


♪ソプラノ 内田 智子

晴美先生、大変お世話になりました。
ありがとうございました。
いつも思います、コーラスハルミオンに籍を置かせて頂いているお陰で、こうして普段の生活では味わう事が出来ないような事を経験させてもらっている…と。
感謝しかありません。
そして、観客の皆様と同じように感動を頂いています。

晴美先生が 一貫して 仰っている「愛をお届けする」…は 回数を重ねる毎に その重みが増してくるような気がします。
閉塞感がある今の時代にこそ 多くの方々に 聴いて頂きたいと思いました。
晴美先生の想いが ひとつでも形になりますように 微力ながら そのお手伝いが出来ますように 努力していきたいと思います。
今後とも ご指導の程 宜しく お願い申し上げます。
この度は 誠に有難うございました。


♪テノール 竹内 友英

晴美先生

5/29の特別練習、成果発表へ参加させていただき有難うございました。
また晴美先生、小野瀬先生、いつもご指導いただき有難うございます。
この2年間、ハルミオンの練習も軒並み中止となり、会社や家庭も含め歌を思いっきり歌うということ自体ができない状態が続いてきました(カラオケも行けず、せいぜい風呂場で少し大きめに歌うくらい)ので、正直声がちゃんと出せる自信がありませんでした。また特に「どこかで誰かが」と「夢咲き島」は自身の練習不足で音がちゃんと取れていなかったので、皆さんにご迷惑をかけるのではないかと心配しての参加でした。
ハルミオンの成果発表に先立ってのPure Voicesの澄んでいてかつ魂のこもった歌声にまずは魅了されました。特に「海よりも空よりも」、「父の言葉」では今は亡き父や遠くにいる母を思い出し、ハルミオンで歌う直前にもかかわらず号泣してしまいました。感動しました。

 いよいよ本番・・・技術的にはおぼつかなくともせめて想いだけは聴いてくださる皆さんに、そして全世界に向かって届きますようにと祈り臨みました。結果2曲以外も含め、音はいっぱい外してしまいましたが(すみません!!)、「どこかで誰かが」については汚してしまった地球を元のきれいな地球に戻そうという決意を込めて、「夢咲き島」では沖縄からはるばるお越しいただいた方々へ、そして沖縄返還50周年に想いを馳せて歌わせていただきました。最後の「ひとつ」「Cantare」では、足元のコロナ禍や国際的な紛争が一刻も早く終息(収束)し、世界がひとつになれるようにとの祈りをただただ込めました。途中から体が熱くなり汗びっしょりになりながら、本当に最後まで楽しく歌わせていただき感謝です。

 今後も晴美先生の作品に込められた想いを、まず自らが理解し、そして世界の人々に伝えられるよう、頑張って練習に励みたいと思います。今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。誠にありがとうございました。


♪テノール 堀江 熙

 真の「高橋晴美の世界」に気づくことができた成果発表会

 ステージ上で歌うことから久しく遠ざかっていたためか、会場に足を運んでくださったお客様がいたこと自体にこれほど感動し、さらに、暖かい拍手と笑顔にこれほど励まされたことはありませんでした。 思い起こすと、これまでの自分は、ただ「高橋晴美の世界」の素晴らしさを一人でも多くの方に知っていただき、その中に込められている〝愛〟をお伝えしたいという一心だけで歌ってきたように思います。しかし、今回の成果発表会で、〝愛〟をお伝えすることだけが「高橋晴美の世界」ではないということに気づくことができました。

コロナ禍の影響を受け、満足な練習ができずに苦しんだ時間を経て間もなくの成果発表会でした。精一杯歌ったつもりでいても、完成度の低い演奏だったことは否めないと感じています。このような演奏にもかかわらず、お客様からはたくさんの暖かい拍手と笑顔を頂戴し、これがどんなにうれしく励みになったことか・・・。心が奮い立つ思いがしました。これは「高橋晴美の世界」をお聴きになったお客様からの〝愛のお返し〟なのだということを直感しました。そして、この〝愛〟の伝え合いこそが真の「高橋晴美の世界」だということに気づいたのです。 自分にとって今回の成果発表会は、単なる成果発表の場に留まらず、「高橋晴美の世界」の神髄を学ぶ貴重な場になりました。この場に居合わせることができたことに心から感謝しています。 ありがとうございました。


♪ソプラノ 藤田 利恵

発表会を終えて

私はコロナ禍の中、一度も練習に参加する事ができなかったのですが有り難くも、発表会に参加をさせて頂くことができました。 久しぶりに参加して感じさせて頂きました事は、皆さんの熱い想い、そして、練習の日数が少ないにもかかわらず、とてもそれを感じさせない美しいハーモニーでした。

また、マスクをして合唱ができるとは、本当に驚きました。 ひょっとしたら、マスクが良い効果を出しているのではと思う程、みなさんが奏でる優しい音霊、言霊によって 練習、本番中と、何度もわたしのこころに熱いものが込み上げてしまい、歌う事ができない瞬間が何度かありました。 コロナ禍 戦争と、雲行きが怪しい、不安な時代だからこそ、晴美先生の音楽に、わたし達の魂と心が癒されます。先日、思わぬ出会いがありました。その方に、私の「レモンの恩返し」の文章をお見せしましたところ大変感動して下さいまして、さっそくyou tubuで検索して、『ひとつ』をお聞きになられたそうです。そしてお仕事で関った弁護士さんに、ストレスが溜まっている時には、是非『ひとつ』を聞いてみてくださいとご紹介されました。

その弁護士さんも、『ひとつ』を聞かれまして、大変感動してくださいまして、7/6のナチュラリストの会にご参加下さることになりました。『ひとつ』が世界中にそうやって広がって、本当に世界がひとつになるときが来ると信じたいと思います! この様な愛と感動を与える歌を歌わせて頂けることの幸せをかみしめて、さらに精進して参りたいと思います。

 他にも、たくさんの所感をいただきました。皆様の素直な想い、反省と今後に向けての熱い思いがたくさん詰まった所感をお寄せいただきありがとうございました。これからも、さらに心を一つにして愛をお届けできるよう精進してまいりたいと思います。


♪ 休憩時間に思わぬサプライズ!

合唱団全員がHappy Birthdayを歌ってお祝いをしてくださったのですが、2回目はテンポアップして、手拍子あり、最後はハーモニーまで入って、動画を取りながら思わず感嘆の声が出てしまいました!

そして、ハルミオン団員の皆様と運営委員女子から可愛いプレゼントのサプライズが!!

この日の感動を心に刻み付けて、大切に大切に使わせていただきます。
あたたかなまごころを本当にありがとうございました!!

▲帰白院入り口の黒板


▲京都御所の庭
 後日、無事に成果発表を終えることができた報告と誕生日のお礼を告げに、京都のお墓参りに行ってまいりました。『ひとつ』と書かれたお墓の前で手を合わせ、伝えきれないほどの感謝の想いを告げた後、生まれ故郷『帰白院』の前を歩いていると、入り口に掲げてある黒板が目に留まりました。
そこには「さわやか なごやか すこやか …やかのくらしをたいせつに」と書かれてありました。

 あたたかな余韻を胸に抱きながら、母が女学校時代毎日歩いた京都御所の緑の中を通って帰りました。歴史に思いを馳せ、平和であることがどんなにありがたいことかをしみじみと感じ、世界の平和を切に祈りながら…。
高橋晴美の音楽ネットワークのご案内
『高橋晴美の音楽ネットワーク』は高橋晴美の音楽の素晴らしさや聴いたり歌ったりする喜びを分かち合い、高橋晴美の音楽をもっともっと日本中いや世界中に広めて行きたいという思いで立ち上げた音楽ネットワークです。

会報の発送などはすべて有志のボランティアで行われておりますが、ホームページの作成及び維持費、郵送費、紙代、印刷代などは会費によって賄われています。

会員の皆様には、数々の活動状況も含めホームページ、メールや郵送で皆様方のもとに届けさせて頂くだけでなく、CDやDVD、親睦会、コンサートの料金割引等の特典もございます。 高橋晴美の『愛と優しさの輪』を拡げてゆくために是非、音楽ネットワークのご入会、ご協力のほど宜しく御願い申し上げます。

「高橋晴美の音楽ネットワーク」は、1999年6月に設立、2022年2月に23周年を迎えます。これもひとえに皆様の温かなご支援のお陰と、心より篤く感謝、御礼申し上げます。
これからも、溢れる愛と希望を歌に乗せて、一人でも多くの方にお届けしてまいります。
今後とも、変わらぬご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
◆更新に関しまして

毎年2月は後援会の更新月にあたりますので、お手数おかけいたしますが、更新手続きをお願いいたします。
又、新規入会の方も宜しく御願い申し上げます。

◆年会費に関しまして

・PCメールでのニュースご案内をご希望の方:年会費2,000円
・郵送でのニュースご案内をご希望の方:年会費3,000円

上記の年会費を下記へお振り込みください。
窓口からお振込みの場合
・振込先 :ゆうちょ銀行
・口座名 :高橋晴美の音楽ネットワーク
・口座番号 :00180-1-446596
ゆうちょ銀行のATMからお振込みの場合
・振込先 :ゆうちょ銀行 ○一九(019)支店
・口座名 :高橋晴美の音楽ネットワーク
・口座番号 :446596
・預金種別 :当座預金
他の金融機関のATMからお振込みの場合
・振込先 :ゆうちょ銀行 ○一九(019)支店
・口座名 :高橋晴美の音楽ネットワーク
・口座番号 :0446596
・預金種別 :当座預金

※メール会員ご希望の方は、必ずメールアドレスをご記入ください。
高橋晴美の音楽ネットワーク 運営委員 (五十音順)
有川玲子 鴨下恵 後藤敬子 櫻田富恵 佐々木理保子 高橋裕 高橋有里子
坪田恵美子 土佐野恵子 中西由美子 中山宏子 西史子 堀内直治 堀江熙 若林悟

高橋晴美のオリジナル曲を歌う直属の混声合唱団「ハルミオン」で一緒に歌ってみませんか?
詳細はこちら♪ 練習日程
▲TOP
Close